SCROLL
HOME BLOG WordPress(ワードプレス) 会社を設立した際にWordPressで会社ホームページを作るメリットとデメリット

会社を設立した際にWordPressで会社ホームページを作るメリットとデメリット

wordpressタイプライター

会社設立、自社のホームページを作りましょう

会社設立、おめでとうございます。

自社のホームページを制作するにあたって、制作ツールとして何を選ぶか、というのは意外に重要なポイントです。
結論から言うと、ECサイトとしてネット販売を行う予定がなく、制作や運営をまるごと外部の専門会社に依頼しないのならば、WordPressの利用がおすすめです。

この記事では、自社のホームページを作成するツールとして、代表的なCMSである「WordPress」を選ぶメリットとデメリット、そしてWordPressで製作されたコーポレートサイトの実例や、失敗しない活用法を解説してまいります。

基礎知識 : WordPressって何?そのメリットとは

インターネット上にホームページ(以下HPと表記します)を設けようと考えたなら、一度は「WordPress」という言葉を耳にしたことがあると思います。WordPressはもともとブログ用に開発されたCMS(Contents Management System コンテンツ・マネジメント・システム)と呼ばれるものです。

WordPressのダッシュボード例

専用のHP制作ソフトを導入しなくても無料でダウンロードでき、これを使えばパソコンの画面で確認しながら画像やテキストを編集して、HPを構築することができます。

このWordPressは、企業・団体・個人にかかわらず非常に多くのユーザーに親しまれ、利用されています。それはWordPressならではのメリットがあるからです。

メリット1.プラットフォームとしての信頼性が高い

これまで、そして現在も世界中で数多くのHPがWordPressで作られています。

ユーザーが多いということは、プラットフォームとしての使いやすさや安定性に定評があり、安心して利用できる、すなわちサービスとして信頼性が高い、ということになります。

メリット2.ツールや情報がWeb上に豊富にある

オープンツールなのでテンプレート(テーマと呼ばれます)や、機能を拡張してくれるプラグインなどがWeb上に豊富に公開されています。

テンプレートもプラグインは現在も増え続けており、バージョンアップも日々なされています。

例えば問い合わせフォームや画像を自動で圧縮してくれるプラグインなど、用途に合わせて自由に装備することができます。

メリット3.更新作業が簡単

WordPressのダッシュボード画面(例)

もともとブログ制作管理ツールとして開発されたWordPressは、HTMLやCSSなどの専門知識がなくても簡単にWebサイトを作ることができる構成になっています。

コンテンツの管理はダッシュボードから感覚的に行うことができます。一度全体の構成を作ってしまえば、コンテンツの追加や修正などの更新作業が、専門知識があまりなくても簡単にできます。

メリット4.SEOに強い

WordPressは本来的にSEO (Search Engine Optimisation サーチエンジン最適化)が強くなるような設計がなされています。加えて、SEO対策に利用できるテーマやプラグインも各種用意されています。

パーツを組み合わせてDIYしていく感覚でHPを強化していけば、その経験を通じて自然とSEOに関する知識が身に付くというオマケもついてきます。

メリット5.内製化によるコストメリット

web上に様々なテーマが頒布されています

会社のHPを外部の制作会社に依頼すると、意外に費用がかかるものです。
またサイトのイメージや機能、デザインについても制作会社にうまく伝えることができなければ、修正を繰り返したりなど時間もかかります。

自作・内製化できれば制作コストが抑制でき、表現したいコンテンツも思い通りに、自由に盛り込めます。

会社を設立したばかりの経営者にとってWordPressは魅力的な選択肢に映るのではないでしょうか。

WordPressで制作されたコーポレートサイトの事例

ここで、実際にWordPressで制作されたコーポレートサイトの例をご覧いただきましょう。

博報堂やオリエンタルランドのような大企業でもWordPressを用いて企業HPを制作しているところは少なくありませんが、今回は、記事の趣旨に合わせてやや小規模の企業や、少し変わった企業の事例を3つご紹介します。

※2021年11月の時点で、WordPressを使用していることを確認しています。状況により変更される場合もありますので、必ずしもWordPressで作られていることを保証するものではありません。ご了承ください。

事例1.銚子電気鉄道株式会社

https://www.choshi-dentetsu.jp/

ぬれ煎餅で話題・銚子電鉄のHP

本業の電鉄事業は赤字ながら、煎餅の販売や他企業とのコラボレーションなどにより常に話題を振りまく千葉県銚子市の電鉄会社です。

YouTubeや関連事業の紹介なども面白コンテンツとして掲載されており、トーン&マナーに一貫性が感じられる楽しいサイトです。

事例2.株式会社悪の秘密結社

https://akunohimitsukessya.com

画像が歪んでいるような効果を表現した「悪の秘密結社」

2016年3月に福岡県で設立された、ヒーローショーの悪役に特化したニッチな企業です。

その世界での知名度は、いまや全国区に広がっており、トップページもイメージに合うよう怪しい雰囲気に仕上げられています。

事例3.やげん堀

https://yagenbori.jp/about/

動画が印象的なやげん堀のHP

東京・浅草で寛永年間から続く、七味唐辛子本舗のやげん堀(合資会社中島商店)。

トップページでは動画や静止画を効果的に使用し、商品やスタッフ紹介、催事案内などコンテンツも豊富に用意されています。

無料で利用できるWordPress。そのデメリットとは?

サーバのレンタルコストは別途必要

HTMLやCSSを使って一から構築する方法は、思い通りのデザインで多様に制作することが可能となる反面、コストと時間がかかってしまいます。
その点 、WordPressを利用して作成するホームページは上記に示したメリットがあり、そのうえ無料です。

ただ、HPの制作コスト全体で考えると、完全に無料とは言えないことに注意しましょう。これらは本来デメリットというよりも、利用の前提となる留意点と考えるべき性格のものです。

デメリット1.サーバのレンタル費用が必要

WordPressで作成したHPを公開するために、データを置いておくサーバーと、その場所を示すドメインを用意する必要があります。

ドメインは年間で数千円、サーバーは一般的にはレンタルサーバーを用いれば月1,000円と、費用は小さいのですが、それらの設定などを管理できる人材を社内または社外に確保する必要があります。
とはいえ、それほど難しいものでもありませんので、ご自身で行うことも可能です。

WordPressにおすすめのレンタルサーバーについては以下の記事で詳しく解説しています。ぜひご参照ください。

デメリット2.制作・運営にかかわる多少の知識が求められる

WordPressには有料・無料含めさまざまなデザインのテンプレートが存在しますが、画像を加工したり、テンプレートのレイアウトを所々変えたいという場合にはHTMLやCSSのプログラミングの知識が必要になります。

それらの経験がない方の場合、0から学習するのは大変なため、経験がある方に外注するのが良いでしょう。
ランサーズクラウドワークスなどのクラウドソーシングであれば、カスタマイズの内容にもよりますが、数千円〜で対応してもらえるケースも多いです。

デメリット3.セキュリティに気を配らなくてはならない

広く使われているオープンソースであるという事は、それだけ不正アクセスに狙われやすい、という事でもあるので、セキュリティ対策についても以下のようなことを定期的に行う必要があります。

  • WordPress本体、プラグイン、テーマのバージョンのアップデート
  • お問い合わせフォームやコメント欄のスパム対策

WordPress本体、プラグイン、テーマのバージョンのアップデート

まずはWordPress本体、プラグイン、テーマのバージョンのアップデートです。

WordPress本体、プラグイン、テーマにはセキュリティの脆弱性(極端な例だと、特定の操作をすれば管理画面のパスワードを知らなくても、データを書き換えることができるなど)が発覚し、バージョンのアップデートにより解消していることが稀にあります。

参考:実際に発表されたWordPressの脆弱性まとめ

そういう際にアップデートを行わないでいると、ハッカーなどからの攻撃によりサイトのデータが書き換えられたり、消されたりする危険性があります。

しかし一方で、アップデートをおこなうことでプラグイン同士が競合するなどして、逆に不具合が出ることもあります。
そのため、アップデート時にはしっかりと検証をおこなう必要がありますが、毎回おこなうのは手間も大きくなります。

素早くサイトが作れるWordPressを利用しているのに、公開後の管理に手間がかかり過ぎてしまっては本末転倒です。

ただ、前述のような深刻なセキュリティの脆弱性が見つかるのは稀ですし、そもそも大手の有名なアクセス数の多いサイトでもなければ、ハッカーのターゲットになる可能性がそもそも低いです。
そのため、現実的には更新がある度に毎回アップデートするのではなく、年に数回や重大なセキュリティの脆弱性が見つかった際にアップデートをするのが良いかと思います。

お問い合わせフォームやコメント欄のスパム対策

次にお問い合わせフォームやコメント欄のスパム対策についてです。

Contact Form7などのプラグインを使うことでサイト内にお問い合わせフォームを作ったり、WordPressの機能で投稿に訪問者からのコメントを受け付けることができます。

お問い合わせフォームやコメント機能は便利ではありますが、スパムにより大量のお問い合わせやコメントがされることがあります。
それらの内容は、関係のない企業からの営業であったり英語や中国語で有害なサイトへ誘導してくるといった内容が大半で、通知メールが大量に来るので煩わしいでしょう。

それらの多くは人の手によってではなく、ツールによって送られてくるので、以下のようなプラグインを導入することによって大半のものはブロックすることができます。
※画像認証の「Really Simple CAPTCHA」はお問い合わせフォームへの対応のみです。

当サイトでも「Invisible reCaptcha for WordPress」を導入することで、毎日10件以上来ていたスパムのお問い合わせが月に1件来るかどうか程度まで減らすことができましたので、お問い合わせフォームを設置したり、コメント機能を使用する際はぜひこういったプラグインを利用することをおすすめします。

WordPressと上手に付き合う秘訣

表現したい内容を的確に伝えることが大事です

HPの目的を明確に

制作に際しては「そもそも会社のHPで何をしたいのか」をまずはっきりさせておきましょう。

会社概要や事業紹介など基本情報の告知をするだけであまり更新しないのであれば、外注か市販ソフトで作ってしまう方がいい場合もあります。
あるいは、ペライチのようなLP(ランディングページ)サービスを利用するのも選択肢の一つです。

WordPressに向いているのは、情報発信ツールとして自社の理念や商品などのエピソードをブログで積み上げ、SEOに活用するという使い方です。
こまめに更新を重ね、SNSなども併用していくことにより、ネット上での存在感向上が期待できます。

バックアップをとる

WordPressでサイトを公開したら、データを誤って消してしまったなどの不足の事態に備えて、バックアップ用のプラグイン(BackWPup、duplicatorなど)などを利用して必ずバックアップをとるようにしておきましょう。

当サイトではバックアップ用のプラグインBackWPupについて、設定の仕方から使い方まで図解で詳しくご紹介しています。どうぞご参考いただき、WordPressでのHPづくりに役立ててください。

まずはローカルモードで練習を

WordPressで作成したHPはいきなり公開せずに、まずローカルモードで編集して検証するようにしてください。
バージョンアップする場合も同様です。

公開しない状態で十分デザインやレイアウト、コンテンツなどを確認して最適な状態でアップします。ここで得られたトライ&エラーの知見が、自社HP制作におけるノウハウとして蓄積されていくというメリットがあります。

長い目で育てよう

HPを作ったらすぐにアクセスが殺到、即時効果が表れるということはほとんどない、と思ってください。WordPressによるHP制作は、作って終わりではなくその後も継続していきます。

そして公開したらGoogle Search ConsoleGoogleアナリティクスを利用して、アクセス解析やSEO対策を行いながらメンテナンスし、気長に育てましょう。
しっかり対応していけば、必ず効果は上がります。

会社のホームページは、ブランディングに大きな影響を与えます。
制作にあたっては焦らずしっかり構想を立てて、最大の費用対効果を狙っていきましょう

企業HPを作るならESTABLISH

TEMPLeTE PRESSでは、初めて作る会社のHPに最適なテーマの販売や、プラグインの供給を行っています。わかりやすく使いやすい設定で、最大の費用対効果を発揮します。

企業HPに最適のテーマ「ESTABLISH」

設立した直後の法人、開業したばかりの個人事業主の方におすすめなのが、こちらの「ESTABLISH」です。
とにかく設定がわかりやすく、簡単に、費用を抑えてホームページを開設することができます。

ビジュアルもトレンドと信頼感を意識したスタイリッシュなデザインで、Google推奨のレスポンシブ対応により、スマートフォンやタブレットでの閲覧に際しても、それぞれの端末に合わせた表示が自動的に行われます。

カラーは簡単に設定変更が可能

HPの印象に大きく影響する全体のカラー設定も、管理画面から簡単に変更が可能です。商品・サービスやコーポレートカラーに合わせて、適切に設定すると良いでしょう。

企業のHPにはよく「お知らせ」コンテンツが表示されています。ESTABLISHはこ機能ををデフォルトで搭載しています。
テーマをインストール・有効化すると管理画面のメニューに「お知らせ」の項目が表示されますので、そこから投稿すれば即座にトップページに投稿日とタイトルが表示されます。追加でプラグインをインストールする必要はありません。この機能を利用することで、更新作業は大幅に効率化されます。

ぜひデモ画面をご覧ください。

サンプル株式会社 | WordPress Theme ESTABLISH demo page

こちらはESTABLISHのデモ画面です。その世界観をどうぞ体感してください。このWordPressテーマは、なんと税込み980円でご購入いただけます。